食パン

食パンの選び方

ぜひ
イーストフード・マーガリン不使用のものを選ぶ
できれば
国産小麦使用のものを

パンは、こだわりを持って素材を吟味しているいいパン屋さんのものを買うのがおすすめ。お気に入りのパン屋さんがあるという人も多いのでは。

対面販売の場合食品添加物の表示義務がないので、何が使われているが不安という声もありますが、自主的に原材料表示をしているところもあります。

また、何を使っているかを聞いてみると、忙しい時間帯でなければ素材について教えてくれるパン屋さんも多いです。

逆に、教えてくれなかったり答えられないところは、素材にそれほどこだわっていないと判断してもよいでしょう。

スーパーでは原材料を確認する

スーパーで袋に入って販売されている食パンは、当然のことながら原材料表示がされているので中味を確認しましょう。

イーストフード」「マーガリン」が含まれるものはおすすめしません。

イーストフードは複数の添加物を混合した、パンをふっくらとさせるための食品添加物。毒性は高いものではないかもしれませんが、これが使われているパンはおいしくないものが多いのです。

おいしい、おいしくないとうのは主観的なものなので、こればかりは食べ比べて感じてもらうしかないかもしれません。

また、マーガリンが含まれるものもおすすめしません。
マーガリンには少なからずトランス脂肪酸が含まれます。

製パン業界はトランス脂肪酸の低減にいち早く取り組んでいるため、実は原料マーガリン由来のトランス脂肪酸についてはかなり低くなってきています

おすすめしない理由はイーストフードと同じで、これが使われているパンはおいしくないものが多いのです。

国産小麦使用のものを

最近、専門店ならずスーパーでも国産小麦を使ったパンを見かけるようになりました。

国内でパン向けの品種の作付面積が増えてきたこともあり、価格も含めて安定した供給がされるようになってきています。

安心感から国産を選ぶ人も多く、この傾向が続けば、国産小麦を使ったパンもますます増えていくことでしょう。よい傾向です。

ホームベーカリーで焼く

毎日必ずパンを食べる、という人はホームベーカリーで自宅でパンを焼くことをおすすめします。

自分で材料を選ぶので安心ですし、何よりおいしいですよ。

おすすめ商品