レモン

レモンの選び方

ぜひ
国産レモンを選ぶ
ぜひ
輸入の場合はノンケミカルのものを

スーパーのレモン売り場で目につくのは、

【防カビ剤】OPP(オルトフェニルフェノール)、TBZ(チアベンダゾール)、イマザリル、アゾキシストロビン、フルジオキソニルを使用しております。

といった注意書き。

バラ売りの場合は売り場に対して一括表示していることが多いので、注意して表示を探してみてください。

日本国内では禁止

これらの舌を噛みそうな名前の農薬は、すべてポストハーベスト農薬です。ポストハーベスト農薬とは、収穫後に使用される農薬のことで、そもそも日本国内では使用すること自体が禁止されています。

輸入レモン(や柑橘類)の場合その長い輸送期間中に白カビが生えてしまうことを防ぐために、収穫後に防カビ剤が使用されるのです。

これらの防カビ剤は、発がん性や催奇形性が指摘されており危険性が高いものですが、なぜか「食品添加物」として認可されています。

アメリカからの外圧に屈するかたちで認可された、というのが実態に近いところでしょう。

国産レモンを選びましょう

レモンは輪切りや櫛切りにして「皮ごと使う」こともあるかと思います。

酵素ジュースや果実酒など、じっくりとエキスを引き出すものもあるでしょう。

防カビ剤は主に皮に含まれるので、皮ごと使う場合は迷わず国産レモンを選びましょう。

国産レモンも「無農薬」の表示がなければ栽培期間中に農薬を使用していますが、出荷時の残留濃度は低く、洗えば落とせます。もちろん無農薬のものがベストです。

一方ポストハーベスト農薬は、畑で使われる農薬の百倍以上といった非常に高い濃度で使われるため、皮に浸透し果肉にまで達することもあります。

国産レモンは冬を中心に出回る季節が限られるので、手に入らない場合は輸入の「ノンケミカル」のものを探してみましょう。

ちなみに「防ばい剤」とは「防黴剤」のことで、防カビ剤と同じ意味です。

また、果汁のみ必要という場合は、有機レモンから絞ったストレート果汁を準備しておけば、季節問わずに安心して使えます。

濃縮還元果汁香料を添加したようなものは、おすすめしません。

おすすめ商品