カレールー

カレールーの選び方

ぜひ
人工甘味料が入っていないものを選ぶ
できれば
たんぱく加水分解物カラメル色素も避ける

昔から子どもの好きなメニューで上位人気のカレーライス。簡単に作れて失敗も少ないことから、ご家庭で登場することも多いのでは。

そんなカレー作りの決め手となるのがカレールー。食べたあとにどうも胸焼けがするのは年齢のせいではなく、添加物のせいかもしれません。

ここにも人工甘味料の魔の手が

カレールーにまで、人工甘味料が使われているものが出回るようになりました。具体的には「甘味料(スクラロース、アセスルファムK)」です。

少量だから大丈夫と考えていると、それが生涯積み重なった時の影響は、気をつけて避けていた人と大きな差が出るかもしれません。

人工甘味料については、その危険性を指摘する声が数多く聞かれます。

人工甘味料は危険?

2017.09.21

もちろん、これらを鵜呑みにせず自分で考えて判断する必要がありますが、当サイトとしては、歴史も浅く影響も未知数な人工甘味料については、日常的な摂取は避けるべきだと考えます。

たんぱく加水分解物

たんぱく加水分解物」は「調味料(アミノ酸等)」と同じく「うま味」を追加する目的で使用されます。

大豆や小麦、肉や魚に含まれるタンパク質を、塩酸や酵素で分解したものですが、塩酸で分解する課程で発がん物質が生成される可能性が指摘されています。酵素分解の場合は問題はありません。

また、原料の大豆や小麦は遺伝子組み換え作物が使用されることがありますが、表示義務はありません。

食品表示上は「たんぱく加水分解物」としか記されないため、消費者が原料や製法を判断することはできません。

さらに、添加物でなく食品に分類されているため、「化学調味料無添加」と表示することができてしまいます。

わざわざ「たんぱく加水分解物」が入っているものを選ぶ理由はありませんね。

カラメル色素

カラメル」というと、砂糖を熱して作ったことのある人もいると思います。何となく、安全なイメージを抱くかもしれません。

ところが、カラメル色素は、カラメルⅠ〜カラメルⅣの4種類があり、Ⅱを除く3種類が食品添加物として使われています。

このうち、カラメルⅢとカラメルⅣには発がん性が疑われています。

ところが、表示上は「カラメル色素」としか記載されないため、どのカラメル色素が使われているかは分かりません。

アメリカのカリフォルニア州では、一定量以上のカラメル色素(Ⅲ、Ⅳに含まれる発がん物質4-MEIの含有量が基準)を使用する商品には、「がん警告の表示」をすることが法律で義務付けられています。

カラメル色素はかなりの割合で使われているので、心配な人はメーカーに電話をして「カラメル色素」に何が使われているかを確認しましょう。

カラメルⅠ類が使われているのであれば、問題はありません。

調味料(アミノ酸等)

化学調味料の王様といえば、「調味料(アミノ酸等)」の主成分である「L-グルタミン酸ナトリウム」でしょう。

いわゆる「味の素」の主成分で、手軽に「うま味」を追加することができるので、実に多くの食品に添加されています。

この「調味料(アミノ酸等)」の味に慣れてしまうと、これが入っていないと物足りないと感じるようになり、どんどんと濃い味を求めるようになる傾向があります。

大量に摂取しない限り安全性には問題がないとは思うものの、味覚が麻痺していってしまう可能性を考えると、特に子どもの食べるものについては、できるだけ避けるようにしたいところです。

おすすめ商品