お茶飲料(ペットボトル)

お茶飲料の選び方

できれば
香料の入っていないものを選ぶ

ここでいう「お茶」は、茶葉ではなくペットボトルで売られているお茶飲料です。

その昔はペットボトル(というより缶飲料)の主役は炭酸飲料でしたが、いまではお茶飲料が主役といっても過言ではないでしょう。

健康志向の高まりもあって、炭酸飲料よりもお茶飲料を選ぶ人が増えています。

問題のある飲料は少ない

お茶飲料については、問題のある商品は少ないと思います。

もちろん、茶葉の質などを言い始めれば色々ありますが、そういう人はペットボトルのお茶は選ばないでしょう。

原材料として多く見かけるのは「緑茶、ビタミンC」のように、原料茶+ビタミンCというものです。

ビタミンCは酸化防止のために添加されます。安全性に問題はないでしょう。

中には、ビタミンCを添加していない無添加のものもあります。

香料は微妙

香料」が添加されているお茶があります。

「香料」といっても合成香料天然香料を合わせると700品目以上があり、これらを組み合わせて様々な香りが作られます。

合成香料の中には、安全性が疑問視されているものも含まれます。

使用量からしても、危険性という意味で目くじらを立てる必要はありませんが、人工的な香りがするものは、おいしくないです。

おいしい、おいしくないは主観なので、何とも言えませんが。

もし、あなたがおいしと思う飲料に香料が使用されていたとしたら、なるほど香料が使われているのか、と思いながら飲むとよいかもしれません。

おすすめ商品