缶コーヒー

缶コーヒーの選び方

ぜひ
人工甘味料を使っていないコーヒーを選ぶ
できれば
ブラックなら原材料「コーヒー」のみものを

缶コーヒーは自動販売機での売れ筋商品。
冬場などは、半分以上がコーヒーという自販機も珍しくありません。

コーヒーも時勢を反映して微糖が流行りのようですが、人工甘味料には注意が必要です。

人工甘味料に注意

微糖系のコーヒーに使わているのが人工甘味料

コーヒー飲料でよく使用される人工甘味料としては、「アセスルファムK(カリウム)」「スクラロース」があります。

人工甘味料については、その危険性を指摘する声が数多く聞かれます。

人工甘味料は危険?

2017.09.21

もちろん、これらを鵜呑みにせず自分で考えて判断する必要がありますが、当サイトとしては、歴史も浅く影響も未知数な人工甘味料については、日常的な摂取は避けるべきだと考えます。

ブラックなら「コーヒー」のみのものを

ブラックがお好みであれば、必然的に添加物を摂取する機会を減らすことができます。

迷わず原材料「コーヒー」のみの商品を選びましょう。

ブラックなのに、なぜか乳化剤が添加されていたり、香料が添加されているものはおすすめできません。

おすすめ商品